大成功を遂げた5つの伝説的なヒップホップの物語

世界的に大成功と遂げているラッパーたちは多くいます。しかし、彼らの人生は決して簡単なものではなく、逆境を乗り越えて現在の地位を獲得しているのです。そこで本記事では、厳しい環境から大成功を勝ち取った5人のシンガーを紹介します。

50 Cent

50 Centは、南アフリカでドラッグディーラーの母のもとに生まれました。50 Centがわずか8歳の時に母親はなどの死を遂げ、50 Cent自信も12歳の時にコカインやヘロインなどのドラッグを使用し始めます。

そして、長年にわたってドラッグ中毒になるのですが、2000年に50 Centは自宅の周辺で9か所を撃たれる事件に巻き込まれ、生死をさまよいます。この事件がきっかけでドラッグをやめ、ラップに夢中になるようになりました。そして、彼のファーストアルバム”Get Rich or Die Tryin”は大ヒットし、ラッパーとしての成功を遂げたのです。

Jay Z

Jay Zは、幼少期はニューヨークブルックリンのマーシー・ハウシズで過ごしました。当時のマーシー・ハウシズはドラッグや暴力であふれている場所として知られており、もちろんJay Zの生活も簡単なものではありませんでした。そして、彼自身もドラッグディーラーに手を染めてしまいます。

一方でJay Zはラップを書き続け、ファーストアルバム Reasonable Doubtを1996年に発表し、ニューヨークでベストなラッパーとして認められるようになりました。

Snoop Dogg

Snoop Doggは、カリフォルニアのロングビーチ生まれます。この地域は不良たちの塊であり、Snoop Doggもそれに属していました。そのため、高校生時代にはドラッグを理由に何度も逮捕をされたことがありました。

しかし、その後デス・ロウ・レコードのメンバーとしてラッパーとしての頭角をあらわします。そして、デビューアルバム”Doggystyle”も大ヒットとなり、西岸での知名度を一気に上げました。

Lil Wayne

Lil Wayneは、ニューオーリンズの貧しい家庭生まれました。父親はすぐに家を出てしまい、10代の母親に育てられます。子供のころから音楽に興味はあったものの、貧しさから路上でドラッグを売りながら幼少期を過ごします。

しかし、音楽への関心は絶えず、8歳の時に初めてラップを書きます。そして、9歳の時にBryan Williamsとの偶然の出会いにより才能を見出され、ラッパーとしての成功を遂げていったのです。

Eminem

Eminemは10代の母親もの下で生まれ、トレーラーパークで育てられます。内気であったEminemは、学校では孤独であり、いじめられっ子でもありました。そのため、漫画やテレビ、音楽に熱中するようになります。

そして、高校を中退して、本格的に音楽の道に進みます。しばらくはつらい時期が続きましたが、Dr. Dreとの出会いにより活動の幅を徐々に広げていき、ラッパーとしての知名度を上げていきました。